安室奈美恵 理由明かさず引退発表!パフォーマンスの限界を感じた?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の人気歌姫、安室奈美恵さんが
自身の誕生日である9月20日に
公式サイト内で来年いっぱいで
歌手活動を引退することを発表しました。
電撃すぎるこの発表。
安室さんの公式サイトに掲載された
引退表明全文を公開します。

スポンサーリンク


安室奈美恵 電撃引退発表!突然の発表で本当に身体中に電気が走る!

 
40歳を迎えても尚、日本の歌姫のトップに君臨している安室奈美恵さん。


[出典;安室奈美恵公式サイト]

今日、9月20日は安室さん40回目のお誕生日と、
ファンにとっては特別な一日となるはずでしたが…
19時頃、そんなファンの想いとは裏腹に
衝撃的すぎるニュースが入ってきました。

「安室奈美恵 来年9月16日で引退!」

安室さんはこの日、公式サイト内で
”ファンの皆様へ”と題し、来年いっぱいで歌手活動に終止符を打つことを発表しました。

ファンの皆様、
いつも応援していただきありがとうございます。

先日9月16日に無事、デビュー25周年を迎えることができました。
皆さんの応援、支えがあって25周年目をスタートできた事に
心から感謝しております。

ありがとうございます。

今日は、私が長年心に思い、
この25周年という節目の年に決意した事を書きたいと思います。

「わたくし安室奈美恵は、
2018年9月16日をもって引退することを決意致しましたので、
この場を借りてファンの皆様にご報告させていただきます。」

引退までのこの1年
アルバムやコンサート、
最後にできる限りの事を精一杯し、
有意義な1年にしていきたいと思ってます。

そして、私らしく
2018年9月16日を迎えたいと思います。

皆様、
安室奈美恵の最後の1年を、
どうぞよろしくお願い致します。

安室奈美恵

[出典;安室奈美恵公式サイト]

引退の理由については書かれていませんが、
そこには”引退する”という
安室さんの想いがみっちりと詰まった報告となっていました。

今日は安室さん40回目の誕生日、
そして、先日9月16日にデビュー25周年目を迎えた彼女。
やはり安室さんと言えば、どんなに長丁場なライブでも
一切の妥協を許さない、”プロの鏡”ともいえるパフォーマンスではないでしょうか。

いくつになっても変わらないパワフルな歌声。
いくつになってもキレッキレのダンスパフォーマンス。
口パクなし、イヤモニなしでのパフォーマンスと言うのは
誰にでもマネできるようなものではない、
安室さんだから成し得るパフォーマンスでした。

やがて彼女は”日本の歌姫”ではなく、
”世界の歌姫”となったことは言うまでもありませんね。

スポンサーリンク


安室奈美恵 電撃引退までの25年!歌姫のトップは流行も作ってた!

 
安室さんと言えば、すっばらしい歌もそうですが、
彼女の名が世代を超えて知れ渡るようになったのは
言うまでもなく一つの流行を作ったからではないでしょうか。

俗にいう”アムラー”ですね。

1996年ころ、安室さんのファッションに憧れた女子高生たちが
茶髪のロングヘア・ミニスカート・ルーズソックス・厚底靴を身にまとい、
オシャレに磨きをかけていました。
アムラーは一時のブームを超え、ついには社会現象にまで発展しました。
彼女の影響力というものがいかに凄まじいものであったかを物語る出来事ですね。

 

また、超プロ意識が高い安室さんは出産ギリギリまでテレビ出演をし、
歌を届け続けていました。

多くの名曲を届けた安室さん。
シングルは今日までに47枚、オリジナルアルバム12枚、
ベストアルバム5枚をリリースしています。

最近では昨年行われたリオ五輪のNHKテーマソングとして書き下ろされた”hero”が
1年を代表する曲に選ばれました。

現在では彼女のファンは老若男女問わずおり、
毎年開催されるライブツアーのチケットはファンクラブに入っていても”即完売”の
レアチケットとなっています。
まだまだ安室さんのパフォーマンスを肌で感じたいファンが多い中での発表となったようです。

今後の詳しいスケジュールについてはまだ発表されていませんが、
11月8日にオールタイムベストアルバムを発売することが決定しています。
また、引退ツアーについても日程を調整中のようです。

 

安室さんのプロ意識の高さを鑑みると、
今後も引退についての詳細なコメントは発表しないことが予想されますが、
特にパフォーマンスに対して完璧を求める安室さんだと思われるので、
もしかしたら”満足のいくパフォーマンスができなくなる前に引退”
という決断に至ったのかもしれませんね。

どんなにファンが泣き叫んでも、来年の9月16日をもって見納めとなる歌手の安室さん。
また一人、日本を代表するステキな歌手が居なくなってしまうのはとても寂しいですね。

スポンサーリンク


It's only fair to share...Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Share on LinkedIn0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*