海老蔵、麻央の為に世界を奔走!一目惚れした妻を命がけで守る!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

乳がん闘病中の小林麻央さんの夫・市川海老蔵さんが
愛する妻のために、なんとアメリカまで
麻央さんの治療法を探し求めて涙の奔走をしていたという
かつての海老蔵さんからは想像もつかないような報道がありました。
一体、海老蔵さんはどんな治療法を求めてアメリカへ行ったのでしょうか?

スポンサーリンク


海老蔵、麻央が生む奇跡の治療!近況からみて取れる回復ぶり!

海老蔵さんといえば、若かりし頃は
高岡早紀さん…米倉涼子さん…と、
大物女優さんと浮名を流す、とっても恋多き歌舞伎俳優さんでした。

そのため、結婚後も浮気など心配される事が多かったですが、
麻央さんの”重病”が、海老蔵さんのニンゲン的な部分も
成長させたのかもしれません。

最近のブログでは、時間が許す限り麻央さんのお見舞いに行ったり、
子供との時間を大切にしている海老蔵さん。
今日更新されたブログにも麻央さんと息子の勸玄くんが登場しています。

ちなみに、ブログの内容としては
”まおがかってくれたものらしい”というタイトルで、
麻央さんが勸玄くんに食玩のエビフライキーホルダーをプレゼント。
そのキーホルダーを「かわいい!」と言ってお気に入りの勸玄くん。
その姿を見て海老蔵さんは
「かわいいかな?
わからぬ。」
という、とってもアットホームな内容とともに、
ハッシュタグに”麻央” ”勸玄”を付けて投稿されていました。

麻央さんの2017年4月現在の状況としては
4月の中旬ころか体調が悪化し、再入院を余儀なくされます。
今回の入院目的としては、がんの治療ではなく
QOLの向上を目的とし、輸血や抗生剤の点滴治療を行っています。

その甲斐あって、一時は”10歩も歩けなくなっている”ブログで綴っていた麻央さんですが、
先日の海老蔵さんのブログには

今日もしばらく出来ていなかった事が
出来るようになったので、

私は本当に本当に嬉しいです

[引用;市川海老蔵 ABKAI市川海老蔵ブログ]

と、麻央さんの体調が一時よりは回復に向かっているような
投稿がありました。

原発巣の乳がんはステージ4、ほかに肺転移、皮膚転移、リンパ転移と、
がんそのものは”末期”である麻央さん。
もはや”奇跡”とも言える麻央さんのイマを支えているのは意外にも
海老蔵さんの直向な努力があったからなのかもしれません。

スポンサーリンク


海老蔵、麻央の為にアメリカへ!余命を延ばす決死の渡航録!

麻央さんのことや、子供たちのことなど、
日々家族のことも赤裸々にブログに投稿してくれている海老蔵さん。
ですが、やはり全てを書いているわけではありません。
それはもちろん当たり前のことです。

海老蔵さんが一目惚れした妻・麻央さん。
その愛情は今も変わらず、むしろ出会ったころ、結婚したころより
大きなものに変わっていることは海老蔵さん夫妻も感じており、
ブログやテレビのインタビューなどで目にしている私たちにも感じることが出来るでしょう。

そんな海老蔵さんは麻央さんの回復を麻央さん以上に願っており、
また、麻央さん以上に強く強く信じています。
先日更新されたブログにも

ひとつづつ

ひとつづつ、

少しづつ

クリアして、

必ず元気になる。

と信じきっています。

[引用;市川海老蔵 ABKAI市川海老蔵ブログ]

と、海老蔵さんの強い想いを察することが出来ます。

海老蔵さんの強い想いはついに海を越えることとなります。
恐らく、がんが見つかった時、もう手術が手遅れなとき、
節目節目で”医療先進国アメリカでの治療”という選択肢もあったと思います。

ですが今現在、麻央さんは国内で治療を進めています。
恐らくこれには”少しでも愛する家族のそばに居たい”という
麻央さんの意思もあるのかもれません。
いくら有名キャスター、日本を代表する歌舞伎俳優と言えど、
金銭面的な部分考慮しての選択かもしれません。
結婚前には海老蔵さんに19億円の借金が(父の事業失敗の連帯保証人分として)
あるとも言われていたので、
子供たちのことを想うと”資産”は残しておきたかったのかもしれません。

しかし、意志の強い夫・海老蔵さんはまだ”アメリカでの治療”と言う選択肢を
あきらめてはいなかったのです!

昨年10月、海老蔵さんが
”奇跡を起こすためには、何が奇跡なのかを徹底的に調べ上げなくては”
と、具体的な治療法や選択肢を模索し続けているような趣旨の記事を
ブログに投稿しています。(現在は削除されている模様)

この”奇跡”の中にアメリカでの治療に賭けていたところもあったようで、
後の麻央さんのブログに
”素晴らしい先生との出会いに心を動かされました”
と言う投稿があります。

これが直接的なアメリカに居るドクターかどうかは定かではありませんが、
実際にアメリカで開業している日本人ドクターで
体温をコントロールして免疫力を上げるという手法でがん治療をしている方がいます。
お二人のことなので、お忍びでこの先生のところに伺っている可能性は十分に考えられます。

また、日本ではまだ受けることの出来ないがんの最新治療法として、
がん細胞を攻撃する“キラーT細胞”を血中から取り出す「CARTカート治療」
と言ったものもあります。

海老蔵さんの人脈を駆使すればこの手の情報が耳に入ることは容易いことだと思います。
ただ、このCART治療に関しては1回の治療に5000万円程かかると言われており、
泣く泣く断念した可能性があります。

ですが、麻央さんががん宣告を受けたときの余命は3ヶ月。
もって年内…
とも言われた、ある種”絶望の淵”にいた海老蔵さん夫妻。
2人の今日があるのも海老蔵さんの強い信念と
麻央さんの決死で病に立ち向かう姿が
”がん”と言う悪魔に幾度となく打ち勝ってきた証なのかもしれません。

2人の未来があと5年、10年と続いていくことを願ってやみません。。。

スポンサーリンク


It's only fair to share...Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Share on LinkedIn0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

この記事を読まれた方は他にもこんな記事を読んでいます

コメントを残す

*