銀座シックス開業混雑を体験!混み具合で見る今後の不安!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4月20日に満を持して開業した銀座の新たな名所・銀座シックス。
ゴールデンウィーク初日、開業後初の連休となる昨日、
その混雑具合を調査してみました。
すると、混雑しつつも銀座シックスの不安要素が垣間見ることが出来ました。
実際に行ってきた感想とともに、銀座シックスについて書いていきますね。

スポンサーリンク


銀座シックス開業にみる日本の未来!混雑と売り上げは比例しているのか

開業前に多くのメディアを賑わせていた銀座シックス。
銀座地区再開発に伴い2013年6月30日に閉店した
松坂屋銀座店の跡地に新たにオープンした巨大商業施設です。
この地区最後にして最大の再開発の地と言われています。
公式HPはこちら

新たな”日本文化発信の拠点”としても国内外を問わず注目を集める銀座シックスです。
実際に行ってみると、開業後初の連休という事もあり、
国内のお客さんがたくさんいましたが、
やはり銀座という土地柄もあり、国外のお客さんも多く見受けられました。
異国語が飛び交うエントランスとなっていましたよ。

☆銀座シックスオープン前の記事はこちら☆

私は18:30頃行きましたが、まだまだ店内は多くのお客さんでごった返してました。

なんですが…
意外にもひとつひとつの店舗はガラッガラ!
日本初出店の店舗を含め、銀座シックス内には241店舗入っている
大型商業施設であることは間違いないのですが…
やはり、単価が高いお店ばかり!

賑わっているのは飲食店と地下の食品街と言った感じでした。
飲食店も夜はコース料理を提供しているお店が多く、
ほとんどのお店が”行列を成す”と言うよりは、
”まぁ、混雑している”と言った印象でした。

一般的に”フードコート”と呼ばれるアノ場所は銀座シックス内の6階にあり、
”銀座大食堂”と言う名称です。
こちらはやや安価な店舗としっかり価格の店舗と2つのコンセプトとなっていますが、
やはり”やや安価”チームは大行列でした。
ちなみに、やや安価チームでも1500円~なので、
家族連れにはちょっと優しくないかもしれませんね。

地下の食品街は18:30という事もあり、品切れが続出!
こちらはあまりデフレを感じさせない売れ行きのように感じましたが、
やはり購買理由のひとつに「物珍しさ」というのもあると思います。
この盛況ぶりがいつまで続くかは…
少し不安要素でもありますね。

こうやって見てみると、前評判ほど実際に購買者がいないのが事実です。
もともと銀座には多くの高級ブティックが旗艦店として路面店を展開しているため、
わざわざ銀座シックスにお店を出すということもなく、
かと言って安価なブランドが入っているわけでもないので、
なんとなく”どっちつかず”と言った印象を受けました。

また、各店舗の専有面積もさほど広くはないので、
品数・在庫共に”限りがある”ように感じました。

スポンサーリンク


銀座シックス開業前に大騒ぎ!混雑の中で見た話題のアート!

銀座シックスと言えば、新たな日本文化の発信拠点ですが、
その代表として、開業前にもたくさんメディアに取り上げられていた
”アート”を見てきましたよ!

まずは、ドットの魔術師・草間彌生さんのランプシェード!

エスカレーターから撮影するという暴挙っぷりを発揮しましたが、
うーーーん…。
私にはテレビと同じように写りました。
芸術的な感性が乏しいからでしょうか?

ちなみに、銀座シックス4階に草間彌生さんのドットやかぼちゃモチーフの
コレクションアイテムを取り扱っているお店があります。
弥生ワールドが大好きな方にはおすすめですよ!

次!
滝のビジョンですね。
はい、こちら。

これまた”斜めから撮影する”という暴挙っぷりを発揮致しました、独身姫です。
うーーーん。
デジタルな滝、です。
やはり、私は銀座シックスのコンセプトに似つかわしい…
超凡人なのでしょうか、”デジタルな滝”という印象で終わりました。

無類のパワースポット好きとしては本物の滝から出るマイナスイオンを
存分に感じたいというのが本心ではありますが…
技術者の父曰く、この滝の水を一筋一筋を表現するのが
素晴らしい技術なんだとか。

…。
技術者じゃない人にもその大変ポイントが分かるように説明書きがないと
分かりましぇーん!

けど、どちらも素晴らしい日本の技術・文化が詰まった作品であることに
変わりはありません。
あと15回くらいこの芸術に触れたらこんな私でも
芸術と技術に感化される日が来るのでしょうか…。

6階には蔦屋書店が入っており、こちらからもしっかりと
日本文化を発信していますよ!

こちらの蔦屋書店ではアートや建築関連の書籍が多いと…
開業前、メディアで取り上げられていましたが、
私的にはそんなことよりも、
こうやって漆器や刀などの”伝統的な日本文化”も発信している
と、伝えた方が魅力的に感じます。

隣接するスターバックスではお酒も頂けるBARが付いています。

大人の嗜みとして楽しめる蔦屋書店となっていましたよ!

今年のゴールデンウイークはとても天気がよさそうなので、
銀座のホコ天を歩きながら、銀座シックスで新たな日本文化に触れてみるのも
楽しいかもしれませんね!

It's only fair to share...Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Share on LinkedIn0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*