船越英一郎ノートの証拠は不要!離婚できれば金はいらねぇ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

依然世間を賑わせている船越英一郎さんと
松居一代さんの離婚調停。
大方の予想ではドロ沼長期化必至と
思われていましたが、
ここにきて一転。
船越さんは離婚申立書に財産分与権の放棄する旨を
記載していることがわかりました。
松居さんが必死に浮気の証拠と訴えていた
船越ノートは一体なんだったのでしょうか?

スポンサーリンク


船越英一郎ノートなんか怖くない!松居一代の自作自演がバレる!

 
7月5日、突如松居さんのブログに投稿された
”船越英一郎の裏の顔”と題したYouTube動画。

23分もの長時間にわたりスマホで撮影されたと思われるこちらの動画。
数か所、映像が編集されたように不自然なつなぎ目もあるため、
実際に松居さんが語っていた時間というのは
もっと長いものだったと考えられます。

そこまでして松居さんが訴えたかったもの…
それはやはり、船越さんの裏の顔だったのでしょう。

動画内で船越ノートと呼ばれる
船越さんがかつて実際に使用していたと思われる
手帳を取り出し、浮気の証拠として挙げていました。

また、船越さんは浮気をする際、
国内規格の倍量にあたるバイアグラを服用していたという
衝撃的な告白をしていました。

この長い動画内で松居さんは
「ノートの中に、私の財産を女と一緒に奪い取ろうとしていることまで書いてありました」
というまたしても耳を疑う内容をぶっちゃけていました。

船越さんって、そんなにお金にがめつくて悪どい一面もあるんだ…
なんて当初は思っていましたが、
7月8日、事態が一転します。
この動画さえ、松居一代の自作自演とも取れる新事実が明らかになりました。

スポンサーリンク


船越英一郎ノート暴露されプライベートゼロ!離婚だけがイマの願い!

 
先手を打った松居一代さん。

後手に回った形で7月7日発売の週刊文春に
離婚調停申し立てをしていることが明らかになった船越英一郎さん。

一晩が経ち、船越さん側が要求する
離婚調停調停申立書の一部が明らかになりました。

そもそも船越側が裁判所に離婚調停申立書を提出したのは6月28日。
松居さんが動画を撮影した日まではわかりませんが、
少なくとも、4日の松居さんのブログ内に

遅い時間に
本当に
ごめんなさい

今、動画が
出来上がりました

みなさんに
Youtubeを
見て頂けるのは
深夜 12時過ぎです

[引用;松居一代オフィシャルブログ]

と言った記載があるため、
7月以降に撮影・編集されていると思われます。
ってことは…
実は後手に回っていたと思われる船越さんが
先手を打つ形で離婚騒動は始まっていたのです。

関係者によると、申立書には離婚に際して財産を要求しない旨の記載があり、
「船越さんは、別れるためならお金は一切いらないと言っている。」
と証言しています。

そうなってくると気になるのが船越ノートと呼ばれる、
かつて船越さんが使っていたと思われる手帳。
松居さんは離婚調停の際、証拠として上げるつもりだったのかもしれませんが、
船越さん側が財産を求めないとなると、そこまで重要なものではなさそうです。
あとは、松居さんが慰謝料を要求してくるかどうか…。
まぁ、これに関しても松居さんは日常的にDVを行なっていた旨の報道があったため、
かなり厳しいことが予想されます。

今回の離婚騒動で松居が大きな“争点”となりそうなのが
船越さんの不倫問題と、その女性と共謀して財産を狙っているというものでしたが、
松居さんの主張内容を真っ向から否定するかたちとなりました。

 

芸能界イチのおしどり夫婦と言われた船越さんと松居さん。
先に離婚の意思を固めたのは船越さんでした。
きっかけは2015年10月に行われた松居さんの出版イベントでした。
イベントの約2週間前に亡くなったばかりの女優川島なお美さんが、過去に船越さんと交際していたことを暴露したことに船越さんはさすがに激怒します。
この一件を機に、船越さんは離婚を求めていましたが、
松居さんは一切応じることなく、
さらには、自殺をほのめかすような自作自演までし、
1年9カ月という月日が流れ、今日に至りました。
 
 

離婚問題に詳しい弁護士によると
「財産分与を求めないというのは、とにかく早く離婚したいという意思の表れ。
離婚すること以外の争点を全て捨て、
早期決着を図りたいのではないか。」と推測しています。

申立書は来週までに裁判所から松居さんの元に届く見通しです。
来週以降も松居さんが、どんな発信ををするのか注目ですね。

スポンサーリンク


 
 
【関連記事】
松居一代 週刊文春掲載の謝罪文内容!恐怖のノートは普通だった!

It's only fair to share...Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Share on LinkedIn0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*