菊川怜、とくダネで結婚発表!号泣の訳はフジ失態の垂れ幕!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日放送のとくダネでメインキャスターの菊川怜さんが結婚を発表しました。
秀才理系女子の結婚は朝から幸せなニュースとなった一方で、
この発表したときの番組セットが物議をかもしています。
一体幸せの発表の場で何があったのでしょうか?

スポンサーリンク


菊川怜とくダネで号泣結婚報告!全幅の信頼を寄せる小倉さんの反応は?

今朝放送のとくダネでメインキャスターを務める菊川怜さん(39歳)が
27日に40代の一般男性結婚したことを発表しました。

気になるお相手の方は一般の方という事で詳細なお話はありませんでしたが、
一度旦那様とお会いしたという同番組のキャスター小倉さんは

・自分がが女性でもこの方なら参ると思う。
 知的で、お話をしていても、こっちも言葉遣いに気をつけないといけない。
 それくらい、しっかりした方。
・かなりいい仕事をしている人なので、そのうち分かるでしょう。
・結婚を前提にお付き合いしていた
・39年間、待っててよかったというお相手です。
 本当にその辺にいるような人ではない。

と、菊川さんの旦那様のことを大絶賛していました。
小倉さんと言えば辛くコメントで有名ですが、
”小倉さんをも黙らす真の紳士”という方なのでしょうね。

菊川さんは今日の発表前に事前報告をした相手は小倉さんだけだったそうです。
「彼の仕事に迷惑を掛けられない…」
という理由もひとつあるようです。

それにしても小倉さん大絶賛のジェントルマン。
”そのうちわかると思う”や、”かなりいい仕事をしてる”と言った
旦那様の素性が気になるところではありますが、
現時点では詳細な情報は出ていません。
これが理系女子の鉄壁ガードなのでしょうか・・・。

そんな菊川さんのコメントFAXがとくダネ放送終了後に
各マスコミあての届きました。
その全文がこちら!

日頃は大変お世話になり、誠にありがとうございます。
私事で恐縮ではございますが、この度、私、菊川怜は2017年4月27日に
入籍致しましたことご報告させて頂きます。
お相手は一般の方となります。
これからも感謝の気持ちを忘れず、今まで以上にお仕事頑張ってまいります。
入籍に際し、お力添え頂きました多くの皆様に心から感謝申し上げます。
まだまだ未熟ですが、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。
急なうえ、簡単ではございますが、書面にてご報告とさせて頂きます。

39年間、待ちに待った結婚となった菊川さんですが、
とくダネでのお祝いの仕方が今、物議を醸しています。
一体どんな演出があったのでしょうか?

スポンサーリンク


菊川怜とくダネで号泣!結婚の喜びよりも侮辱への怒りが爆発か?

菊川さんの人生の門出を祝うため、この日のスタジオには
くす玉が用意されていました。
この辺りはどの番組にも見られる演出ですね。

菊川さん本人の口から結婚を発表したのち・・・

小倉さんから花束の贈呈!
くす玉パッカーン!!
拍手喝采!!!

と華々しい演出が用意されていました。
ですが、問題はこのくす玉の中に潜んでいた”垂れ幕”が波紋を広げています。
それがこちら。

「祝 脱・独身!」

何このデリカシーのなさは・・・。
そうなんです。
フジテレビの大失態はこの”垂れ幕に書かれた文字!”
見方によっては菊川さんを卑下しているようにも・・・。

なぜフジテレビは素直に”祝 結婚!”と書けなかったのでしょうか?

一時期は”3冠王”を取り続けていたフジテレビ。
民放の絶対王者として君臨していたフジテレビもここ最近は
マイナスなニュースで世間を騒がせています。

アナ雪のエンディング問題、
月9低視聴率問題、
バラエティ低視聴率問題、、、
書けば書くほどにフジテレビの”ボロ”はどんどん出てきますが、
さすがにこの垂れ幕はヤバいでしょ、フジテレビさん。

菊川さんが果たしてどんな思いで39年間”独身”という道を選んだかわからないのに、
テレビを見ているすべての人が”Under39”で結婚しているとも限らないのに、
中には結婚したくても未だに”独身”で悩んでいる人だっているかもしれないのに。
あまりにも蔑視しすぎた表現と、
視聴者の怒りが爆発しています。

社長の亀山千広氏は定例会見で
「テレビは多くの人が見ていますし、
画面の中だけのものではないので、
そういう配慮はもう少しあってよかったかなと思います。」
と、これまた少し的外れなコメントを出しています。

”テレビの中だけのもの”だったらまるでこの垂れ幕はOKの様な…。
”そうゆう配慮”の”そうゆう”が視聴者が一番気になるところ!
そして・・・
”配慮はもう少しあってもよかったかなと思います。”

えっ!?
「配慮すべきだった」
じゃないんだ。
この期に及んで身内で傷口の舐めあいですか。

会社のトップがこの程度の認識では
フジテレビが復活する日はまだまだ先になりそうです。

恐らく、菊川さんの涙はこの垂れ幕に対しての悔し涙ではないと思いますが…
本心は彼女しかわかりません。

フジテレビの失態に屈せず、これからも秀才理系女子として輝き続けて欲しいですね。
菊川さん、ご結婚おめでとうございます!
末永くお幸せに・・・。
スポンサーリンク


It's only fair to share...Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Share on LinkedIn0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*