小林麻央退院決意は余命わずかな為?乳がんは極悪乳腺症に紛れてた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年6月に小林麻央さんが乳がんを患っていることを、
夫で歌舞伎役者の市川海老蔵さんが公表しました。
もうすぐで公表してから1年が経過しますが、
お二人は”乳がんと共にチカラ強く、自分らしく生きていく姿”を
テレビやブログを中心に情報を発信し続けてくれています。
そこで、気になる小林麻央さんの現在の状況や、ブログで伝え続けている
がんという病魔との向き合い方についてまとめてみました。

スポンサーリンク


小林麻央kokoro穏やかな現在。再入院を繰り返す近況は?

小林麻央さんは2016年9月より自身のブログを開設し、
”今日は体調が良かった”
”検査結果があまり良くなくて落ち込んでみた”
など、病気を患っている方はもちろん、
健常者にも胸が痛くなる赤裸々な気持ちを随時報告してくれています。

そんな小林麻央さんの現在の体調はと言うと…
やはり良い日とあまり良くない日の繰り返しのようです。
これはがんに限った話ではないですもんね。
病気と言うのは人間よりも気分屋なので
今日がラクでも、明日もラクとは限りません。
そんな実情もご自身の心境を交えて情報発信を続けてくれています。

何度か再入院を繰り返している小林麻央さんですが、
現在は通院治療中のようです。
原発巣の定期チェックもされていると思いますが、
やはり、転移巣のチェックや、
併発しそうな病気(腹水や胸水、転移がん等)の検査も多いようです。
通院で経過観察可能な体力、病態という事が
退院を決意した理由の一つでもありそうです。
いずれにしても、病魔は一進一退を繰り返していることは間違いないですね。

ですが、病魔がたとえカラダを蝕んでいようとも、
最近の小林麻央さんは体調がいい日には外出されている印象です。
大病の時こそココロを元気にする心持ちというのも
病と闘う際にとても重要なポイントになりそうですね。

スポンサーリンク


小林麻央、ブログで伝えた!病院での誤診から逃れる方法!

小林麻央さんのブログをじっくりと読み返してみると
がんの早期発見には”一般論”が通用しないことが見えてきました。

例えば…
「乳がんを患っているおっぱいを子供が飲まない」
→発症当時、まだ息子・灌玄くんの授乳中だった小林麻央さんですが、
両方の母乳を飲んでいたことをブログ内で明かしてくれています。

これは、
「母乳に血が混じっている時」に子供が血の味を嫌がるためです。
ですが、乳がんに罹患したからと言って必ずしも母乳に血が混じるとは限りませんし、
発症する部位によっても変わってきます。

もうひとつ…
「授乳中のしこりは乳腺症の可能性が十分にある」
→健診時のドクターは悪性と良性の可能性は50%ずつと説明するも、
知人の乳腺専門医は悪性の可能性はもう少し低いと話していたそうです。
その後、大きな病院へ再検査に行った際も
専門医は半年間の経過観察と診断します。

これも、当時小林麻央さんが31歳という若年であることと、授乳中ということから
”乳腺症の可能性が極めて高い”
という診断であったということになります。

この”乳腺症”が今回はかなり厄介な症例だったのではないかと思われます。
そもそも乳腺症と言うのは
「乳腺がしこりっぽいタイプ」の事を指します。

自覚症状としては、
・乳腺全体が硬くなる
・乳腺に結節をつくる
・乳腺内に水をためた嚢腫が多発する
など、女性ホルモンの働きによって様々な症状があります。

また、ホルモンバランスが変わる生理前に
・痛みを伴ったしこりを触れるようになる
・両乳房の張り
など、変化が著名に現れます。
ちなみに、がんの場合は”ほぼ”痛みを伴わないしこりが出来るそうです。

ですが、これはあくまでも一般論に過ぎません。
中には癌に進行していく「前癌状態」のものもあるため、
定期的な検査が必要になります。
ただ、この「前癌状態」というのもかなりレアケースのようで、
恐らく小林麻央さんの場合はこの「前癌状態の乳腺症」であったことが考えられます。

特に日本の場合、ホームドクターという概念がまだあまり定着しておらず、
「何かあったら大きな病院へ」
と思い行ってしまいますが、本来あるべき病院とクリニックの姿と言うのは
「何かあったら”まず”ホームドクターに相談」
そこで
「必要があれば紹介状を作成してもらい大きな病院へ」行くことが望ましいです。

ホームドクターを見つけておくと
患者さんとお医者さんとのコミュニケーションが密に取ることが出来、
万が一の時にお医者さんに遠慮することなく
不安に思っていることや、心配な事、ちょっとした体調の変化について
相談できる間柄になっているはずです。

お医者さんも当たり前ですが”人間”なので
難しい決断・診断を時には誤った方へ導いてしまうこともあります。
いかに”自分の健康”に過信せず、
自分のカラダの声を聴けるかが、どんな病気でも早期発見につながる
最大の近道なのではないでしょうか?
私は小林麻央さんの発信する声がそんな風に聴こえました。

スポンサーリンク


It's only fair to share...Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Share on LinkedIn0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*