ココリコ田中、嫁と電撃離婚!愛妻家も耐えれない小日向の裏切り!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お笑い芸人ココリコの田中直樹さんが元嫁の歌手で女優の小日向しえさんと
離婚したことを突如離婚発表しました。
誰もが憧れるおしどり夫婦だった2人ですが、
離婚の真相が語られることなく、書面での発表のみだった今回の離婚劇。
少し不可解な2人の離婚について書いていきます。

スポンサーリンク


ココリコ田中、電撃婚からの電撃離婚!真相語らず親権は父親の謎!

1日、ココリコ田中さんから各マスコミ宛にファックスが送られました。
その内容は誰もが想像しないような衝撃的なものでした。

私ごとで大変恐縮ですが、私田中直樹は、この度、
小日向しえさんと離婚することになりました。
話し合いを重ね、このような結論に至りました。
これからは、夫婦という形ではなくなりますが、
子どもたちの父親、母親としてしっかりと
責任を果たしていきたいと考えております。

それはそれは突然に…離婚発表をしたんです!

田中さんといえば寡黙で、寛容で、既婚者というイメージでしたが、
実際に奥さんのことや、自身の家庭的な面というのはあまりテレビでは見せないのか、
とても私生活は謎に包まれている印象です。

で、田中さんの元奥さんが女優で歌手の小日向しえさん。
まずは彼女の簡単なプロフィールからご紹介します。

本名;田中しょうこ
誕生日;1979年10月8日(37歳)
出生地;東京都
身長;167.5cm
血液型;B型
配偶者;田中直樹(2003年 – 2017年)

2人の出会いは共演していたバラエティ番組「ココリコ ミラクルタイプ」でした。
結婚まで交際0日、手を繋いだこともない、キスしたこともない、
そんな女優と芸人の結婚に当時、みんなが驚かされたことだと思います。
ですが、プロポーズの言葉は意外にも田中の方から男気あるストレートな言葉を贈ります。

「お互いに好きなんだから結婚しようか」

交際期間が0日だろうが、10年だろうが、
なかなかこんなストレートな言葉で伝えるのは至難の業ですよね。
飄々といえてしまいそうなところが田中さんの魅力でもあります。
2003年にめでたくゴールインしてから2017年の離婚まで
約14年間、人生を共にします。
まさに、電撃結婚に始まり、電撃離婚に終わります。

結婚後、2人男の子に恵まれます。
長男が今年の4月から中学生のようです。
美人な奥さんと、寡黙で寛容な旦那さん。
誰もが羨む夫婦像と言っても過言ではありませんでした。

結婚当初は”格差婚”とも思われていた2人でしたが、
実際には世間が騒ぎ立てるほど格差婚ではなかったようです。
今ひとつ、離婚への決定打が見えてこない2人。

また、離婚後の2人息子の親権にも違和感があります。
一般的には母親が親権を摂ることが多いですが、
この夫婦はなんと、父親である田中さんが親権を持つこととなりました。
そこに、また不可解な離婚の真相が隠されているような気がします。。。

スポンサーリンク


ココリコ田中いくらなんで性悪嫁にうんざり!離婚するしかなかった事実!

一般的に父親が親権を取ることは非常に困難とされています。
事実、離婚後の親権は母親が8割程度持っています。
父親が親権を得る理由として、
・母親の不倫
・母親が病気等で子育てが困難とみなされる
・母親の育児放棄
など、明らかに”母親が子育てする状況が困難”と認められないと
なかなか父親に親権がわたりません。

ですが元嫁の小日向さんらつい先日もTwitterで息子のことをつぶやいています。

インスタグラムには息子2人分のお弁当の写真を投稿していたりと、
育児放棄はしていなかったことが見受けられます。

・田中さんが親権を持つ
・誰もが憧れるおしどり夫婦像
・真相が明かされない離婚理由
何が一体2人の離婚を泥沼化させてしまったのでしょうか?

多くの芸能人は離婚発表をする際に
”すれ違いの生活により心が離れていった”とか、
”2人の性格・価値観の違い”とかを便宜上使って発表します。
ですが、田中さんはそんな”便宜的な理由”も使わずに
ただひと言ふた言
”離婚します。”
”子供の親であることには変わりません。”
と、どこか違和感が残る内容のファックスを送っただけでした。
小日向さんに至っては田中さんの発表後4時間経過しても
未だに正式なアナウンスはありません。

真偽のほどはわかりませんが、一部ネット上では

「小日向さんが活動しているバンドメンバーと不倫。
寛容な田中さんはその事実を受け入れ、夫婦生活をやり直すことを決意。
ですが、小日向さんはまたもや田中さんを裏切る。
今度は、不倫相手のバンメンとの子を身籠った。
結果、離婚。」

といった噂が流れていました。

これはあくまでも”噂”ですが、もし本当であれば
・離婚理由を公表しない訳
・親権は父親の田中さんが持つ
という事もスムーズに説明がつきます。

すでにネット上では
・ガキ使でネタにされる
・年末はこの離婚ネタで決まりか
など、すでにこの経験が”芸の肥やし“状態に捕らえられています。

ですがもし、この噂が本当だとすれば田中さんだけでなく、
誰もが笑えない“人生経験“になってしまいます。
それに、田中さんのメンタルもとても心配です。

”真実”は2人にしかわかりませんが、
この決断が2人にとって、子供たちにとって
明るい未来につながることを願うばかりです。

スポンサーリンク


It's only fair to share...Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Share on LinkedIn0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*