久保田和真 書類送検で青山学院駅伝ピンチ?本性は勇ましい獣男!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年も約2ヶ月で大学駅伝のシーズンとなりますが、
衝撃的なニュースが入ってきました。
2016年まで箱根駅伝を走っていた
久保田和真選手(23歳)が書類送検ました。
しかも、書類送検の対象となった事件は
久保田選手がまだ大学に在学中でした。
事件の詳細とマニアックな
久保田選手のプロフィールについて書いていきます。

スポンサーリンク


久保田和真(九電工)書類送検!マニアックすぎるプロフィール大公開!

 
大学駅伝ファンにはとても衝撃的なニュースが入ってきました。
騒動の発端は今年の1月に発売されたフライデーでした。

フライデーの記事によると
・青学四天王のエースに頭突きをされた(→女性の証言内容から久保田和真選手が有力)
・久保田選手のファンを名乗る女性が連絡先を書いたファンレターを渡した
・LINEでの連絡を頻繁にとり、初デートに漕ぎつけた
・初デートは新宿で食事をした
・その際に久保田選手から「ずっと一緒に居よう」と言われた
・女性は嬉しくなり、奮発して8万円程度の腕時計をプレゼント
・そのまま久保田選手は女性宅にお泊り
・その後音信不通
・女性が遊びの関係でいるなら時計を返してと言うと久保田選手が女性を頭突き
・女性はあばら骨を骨折した
と言った内容が女性の証言を基に書かれていました。

 

では、久保田選手のプロフィールを整理していきましょう。

氏名;久保田和真
生年月日;1993年9月24日
血液型;O型
身長;170㎝
靴のサイズ;26.0㎝
出身地 熊本県菊池郡
好きな言葉・座右の銘;笑顔
憧れのヒーロー;北島康介
子供のころの夢;料理人
勝負メシ;特になし
将来の夢;指導者
好きな女性有名人;武田玲奈(22歳の時)
         徳井青空(21歳の時)
         堀北真希(20歳の時)
         吉高由里子(19歳の時)

[引用;箱根駅伝完全ガイド 2013~2016]

今回の事件を受けて、かつて私が購入していた
箱根駅伝のガイドブックを引っ張り出して
久保田選手について徹底的に調べてみました。

好きな女性有名人を毎年インタビューに入れている
出版サイドもなかなかですが…
久保田選手は移り気なのでしょうか?
毎年ちがう美人さんの名前を挙げていますね。
それも、しっかりとその年のトレンド女優ともいえる
若手の有名人を挙げていますね。。。
スパルタ練習に耐えるための癒しだったのでしょうか。

フライデーの記事内容について書いた際に出てきた”青学四天王”とは、
久保田和真・神野大地・小椋祐介・一色恭志(1学年後輩)
のエース4人のことを指します。

四天王がそれぞれの力を発揮したから
勝ち取れた箱根駅伝連覇と言っても過言ではありません。
強くて、青学らしい垢抜けたカッコよさは
原監督公認…むしろ、推薦の強みであり売りでした。
それがファンが増えすぎてこんな事件にまで発展してしまったのは
原監督も大誤算だったことだと思います。
垢抜けたカッコよさが裏目に出た結果となってしまいました。

スポンサーリンク


久保田和真 書類送検も選手生命は安泰!青学も知らんぷりでシーズンへ!

 

久保田選手は九州学院高校に在学中、
青山学院大学の原晋監督からスカウトを受けました。
久保田選手が九州学院高校・青山学院大学に進学した理由として
大学生当時から話していたのは
「九州学院高校も青学も駅伝でまだ優勝したことが無かったから。
俺がエースとして走って”初優勝”に導くから」
と、めっちゃ負けん気の強い…
選手としてはとても頼もしいエピソードを語っていました。

実際に久保田選手はどちらの学校にも
”駅伝初優勝”という輝かしい成績を収めることが出来ました。
その功績を称え、テレビでは
”初優勝請負人”と紹介されていました。

 

久保田選手は冒頭で紹介した事件を
青学在学中に起こしていましたが、
この事実は青学の原監督も知っていたそうです。

そして、衝撃なのがここから。
青学卒業後は社会人アスリートとして九電工に入社します。
で、この事件のことはどうなったかと言うと…
その答えは流出した久保田選手のLINEに全て書かれていました。

Twitterに掲載されている写真をアップにしてみると…

たくさんのLINEが・・・
この全てが久保田選手が発信したLINEとされています。
事件のことについてや、
人気者である故の悩みなどが書かれています。

その中に…

九電工の監督にも入社前に話したよー!
クビにしなくなるといけなくなるから、
その話は聞かなかったことにするねって言われたんよ

[引用;Twitter画像より]

えー!
社会人アスリートが組織ぐるみで事件を隠蔽!?
久保田選手が犯した罪もさることながら、
監督の”聞かなかったことにする”発言が本当であれば
ここの陸上部には”スポーツマンシップなんて微塵もない
という証拠になってしまいますね。

九電工としては”なかった過去”として、
久保田選手の選手生命でも守ったつもりなのでしょうか。

 

7月28日に警視庁代々木署は久保田選手を書類送検しましたが、
最悪の場合、久保田選手は”前科持ち”アスリートになってしまうかも。。。
そうしたら夢見ていた”指導者”の道も危ぶまれることでしょう。

この騒動について現時点では
青学としても、九電工としても、久保田選手個人としても
何もコメントを発表していません。

現在お昼の番組のコメンテーターとして出演されている青学の原監督。
今後、番組内で何かコメントを発表する日がくるのでしょうか?
そして今は確かに青学OBですが、
引退後と言えど、在学中の事件。
今年の大学駅伝は”何もなかった事”として
青学は出雲駅伝・全日本駅伝・箱根駅伝と出場するのでしょうか。
個人的には気になることが山ほどあります。

悪いことをした時ほど早くアクションを起こした方がいいですよ…
と、凡人である独身姫は思っています。

スポンサーリンク


It's only fair to share...Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Share on LinkedIn0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 真相ポリス より:

    【被害者とされる37歳女性の行動まとめ】
    2015/11/1 全日本学生駅伝を見るため愛知まで行き久保田に一目惚れしたとされる。
    →町田寮宛てに年齢不詳()で久保田にファンレター
    →自分のツイで包囲網、ファンに丁寧な久保田がまんまと引っかかる。
    →暫くラインでやりとり(この時点で女の勘違いが始まる)
    →11月末、日吉の記録会で薄暗い中、久保田と初対面。
    →執拗な女のライン開始(ストーカー化)
    久保田は箱根まで忙しい、寮にいるから会えないと言い訳して交すも、
    女は一日数十回のラインを送る。
    →1月箱根後、久保田人気が沸騰する中、女が勝手に嫉妬
    →久保田のツイにレスを入れたファンに対し「私が久保田君の彼女です。」旨のDMをバラまき始める(1月中旬DM事件)
    →執拗な女の行動に対し、丁寧な久保田は退寮直前に仕方なく会う。
    女は舞い上がり7万円の時計をプレゼント
    →久保田が福岡に移転後も久保田がツイでレスした他のファンに長文DMを送り付けるなど自分の存在誇示がエスカレート。
    →1/25都道府県翌日、時計を返すため久保田が東京に向かう。
    →1/25夜、女が久保田を自宅マンションに引きずり込むことに成功。
    一夜を過ごすも、早朝に久保田は出て行き、付き合う気はない旨のライン。
    →激情した女が時計の返還ではなく時計代金を請求
    →女をなだめるため仕方なく久保田が女の自宅に引き返す
    →女が自分で包丁を首に突き付けて暴れまくるなどの行動(激情型の典型)
    →止めようとした久保田ともみ合いになり軽症を負った事を逆手に久保田を脅迫。

    →2月、久保田にラインを切られ完全に無視されたことから、2chへの書き込みなど執拗な嫌がらせを始める(激情型ストーカーの典型)
    →3月、週刊誌にネタを売り込む。
    →4月、フライデー掲載(女の一方的な主張のみ)
    →4月末、自分の主張を正当化するため久保田に成り済ましたライン画像を偽造し、ツイッター上にスクショをバラまく。しかしライン投稿の日付時刻が削除されていたり、2月には久保田にラインを切られたと自ら週刊誌で証言したにも関わらず、アイコンは3月にハワイで撮影されたものを使用する等、ネット上で捏造疑惑を指摘されると慌てて削除。しかし成り済まし画像は今もネット上に残っている。
    →4月末、偽久保田ライン画像で山村を挑発し、山村の脅迫に成功。
    (この時期、久保田と山村は一切連絡を取り合っていない)
    →5月初め、山村が謝罪文を送ってきた。
    →6月初旬、久保田サイドの謝罪などには応じず、代々木警察署に被害届を提出。
    →6月下旬、被害届がマスコミに明らかになりTVの取材に応じる。週刊誌とは違う怪我の証言で二転三転していたが、取材では追及されなかった。女の年齢も伏せられたまま女の主張ばかりが報道される。山村の謝罪文までマスコミに売る材料に使われる。
    青学サイドは「非常に残念だが事の経緯を見守る」旨のコメントを発表。

  2. 真相ポリス より:

    この一件は被害者とされる女性の年齢や行動など、
    女性側に不利な情報は一切報道されていません。
    相手側の女性は30代半ばの女性で、執拗に学生選手の追っかけをし、時計をプレゼントして、断られると時計代を請求するような女性です。
    久保田サイドは一方的な暴力は否定しており、女性が包丁を首に突き付けて自殺しようとしたのを止めた、と主張しています。

    一方的な女性側の主張のみがメディアに大きく取り上げられ、あなたのようなまとめサイトで情報操作がされています。こうした件では両方の主張を掲載しなければ、単なる印象操作ですので気を付けてください。

コメントを残す

*