松山千春 大空と大地の中でを機内で熱唱!粋な選曲に神対応センス光る!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

歌手の松山千春さんが搭乗していた機内で
神対応をしたと、ネット上で賞賛を集めています。
松山さんはいったいどんな神対応をしたのでしょうか?
実際に同じ飛行機に搭乗していた方が撮影した動画とともに
松山さんの神対応について書いていきます。

スポンサーリンク


松山千春 大空と大地は自然に出た!男気溢れる思いやりに感涙!

 
いま、シンガーソングライターの松山千春さんに賞賛の声が上がっています。
松山さんと言えば、スキンヘッドでコワモテ系の風貌。
歌い方も特徴的で、マイクを横に傾けて口角のあたりに当てて歌う…
そんなイメージをお待ちの方が多いのではないでしょうか?

しかし、一度歌えば少し高めの透き通った声に心を奪われてしまう…
日本を代表する歌手の1人です。
そんな一流有名人がたまたま乗り合わせていた飛行機の機内でした神対応に今、注目が集まっています。

 

松山さんは20日のお昼頃、新千歳空港発・伊丹空港着の飛行機に乗っていました。
この日はお盆明けの週末という事もあり、飛行機はUターンラッシュでごった返していました。
松山さんが乗っていた飛行機も例外ではなく、
保安検査場の混雑により、離陸が定刻よりも1時間以上遅れてしまったそうです。

当時の機内の様子を後のラジオで明かしていました。

「熱っぽくラジオ大阪から語らせていただいていますけど…
こんな話、聞いてくれるか?
機長からアナウンスがあり、保安検査が大渋滞になっていて、
この便に乗る予定の方々が巻き込まれてしまい…(中略)
そうか~皆頑張ってあそこに並んでな、待っているんだな、みたいなね。
それにしても遅いな、みたいなね。
段々雰囲気が悪くなるんだよ、分かるべ?
機内の雰囲気が悪いんだよ(笑)」

「千歳発伊丹行きにご搭乗の皆さん、松山千春です。
もうシートベルトされてから1時間以上も経つ。
いらだつでしょう、むかつくでしょう。
しかし、安全に飛んでくれることを自分たちは信じていますし、皆苦労していますから待ちましょう。
『旅は道連れ』ですから、一緒に旅行を終えましょう…と言って、
『果てしない 大空と~』と歌ったんだよ。」

「おれね、歌い出してから40年以上経つけど、
キャビンアテンダントのマイクで歌ったの初めて(笑)
おれも出しゃばったことしているな、と思うけどさ、
皆の気持ち考えたら、何とかしなきゃ、みたいな。
機長さんよく許してくれたな、と思うわ。
うそみたいな、話でした。」

自ら、ピリッとした空気感を打破しようと、
CAさんに機内アナウンスの許可を得た松山さん。
もちろん、松山さんの希望を受けて機内アナウンスを許可した機長さんも神対応ですよね。

では、松山さんの機内用マイクの歌声はどんな声だったのでしょうか?

スポンサーリンク


松山千春 大空と大地の中でを即興歌唱!【動画あり】乗客の疲労が吹っ飛んだ!

 
では、実際に乗客の方が撮影した機内の様子をご覧ください。

凍てついた空気をじんわりと温めるかのように歌声で人々の心を温めた松山さん。
いくら自分が著名人だからと言ってこんなにカッコいい対応は、
誰にでもマネできることではありませんね。

何と言っても松山さんが素晴らしいところは、
乗客をなだめるコトバだけでなく、
“歌”という贈り物までつけてなだめたところではないでしょうか。

松山さんの粋な計らいがこの歌のおかげで、
乗客全員が受け取れるサプライズプレゼントに一瞬にして変わってしまいました。

 

また、松山さん自身もとっさの判断での選曲となったはずなのに…
セットリストを組んでいたかのような粋な選曲ですね。

「大空(=飛行機)と大地(=北海道)の中で」

これにはピリッと締まっていた機内の空気が一転、
拍手喝采の温かい空気に包まれたそうです。
このままでは後味の悪い旅路となるかもしれなかった離陸遅延。
しかし、松山さんのおかげで生涯忘れることの出来ない旅となったことは
言うまでもありませんね。
正に、表舞台に立つ人の鏡です。

きっと、保安検査場の渋滞にハマっていた乗客の方も
幾分、搭乗しやすかったのではないかと思います。

 

この松山さんのニュースを見て、改めて自分の“思いやりの心”を見つめ直そうと思いました。
きっと自分にとっては些細なことも、思いやりの心を以ってして成せば、
誰かのココロに刻まれる温かな思い出に変わるのかもしれませんね。

スポンサーリンク


It's only fair to share...Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Share on LinkedIn0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*