野際陽子死去の裏に光る女優魂!やすらぎの郷は憑りつかれてる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女優の野際陽子さん(81歳)が13日に死去していたことが
わかりました。
すでにお通夜、告別式は執り行われたとの事です。
現在放送中の連続帯ドラマに出演していた野際さん。
その突然すぎる訃報に世間は騒然としています。

スポンサーリンク


野際陽子突然すぎる死去!晩年は大病との闘いだった!

 
何とも衝撃的な訃報が入ってきました。
女優の野際陽子さん(81歳)が13日に亡くなっていたことがわかりました。
野際さんは現在放送中の連続帯ドラマに出演しており、
その突然すぎる訃報に関係各所のみならず、
世間は騒然としています。

 

まずは野際さんのプロフィールについてまとめていきます。

氏名;野際 陽子
生年月日;1936年1月24日
出生地;石川県河北郡津幡町[1][2]
    富山県富山市
身長;163 cm
血液型;A型
職業;女優

晩年の野際さんは”女優”として幅広い活動をしていましたが、
意外にも、テレビに映るようになったきっかけは
”アナウンサー業”でした。
1958年にNHKに入局し、アナウンサーとして1962年のNHK退局まで活動をします。

元国営放送のアナウンサーというだけあり、
特技は英語とフランス語。
当時にしたら相当偉才を放つ存在だったのではないでしょうか?

NHK退局後は主に司会業などをし、翌年1963年に女優デビューを果たします。
その後は数多くの作品に出演し、
今や主演、助演ともに、とても存在感を放つ…
日本の演劇界にとってなくてはならない存在となりました。

プライベートでは1973年に俳優の千葉真一さんと結婚します。
その後、1994年に2人は離婚します。

 

晩年は体調を崩すことが増え、
2014年には肺がんが見つかり、手術を受けます。
肺がんが見つかった当時、野際さんは昼ドラ「花嫁のれん」に出演していました。
野際さんはとても辛抱強い性格なのか、
女優魂がそうさせたのか、
額に脂汗を流すほどつらかったそうですが、
仕事に穴をあけることはありませんでした。

手術自体も早期発見だったため、治療は良い方向へと向かっていました。
翌年、腫瘍が再発しましたが、その腫瘍も摘出術を受け、
取り除かれました。

野際さんの肺は2回にも及ぶ部分切除により、
通常の大きさよりも小さくなってしまい、
肺がんを患って以降は息苦しそうな姿が度々目撃されます。
通常なら酸素吸入を行わないといけないくらいだったそうです。

現在放送中の連続帯ドラマに出演している野際さん。
そこでも野際さんらしい…
辛さに耐えた演技となっていたようです。

スポンサーリンク


野際陽子死去に世間は騒然!やすらぎの郷が遺作となる!

 
現在テレビ朝日系で放送されている”やすらぎの郷”
野際さんはこの作品に出演していました。
このドラマは4月から放送スタートとなったお昼の連続帯ドラマです。

こちらの動画はやすらぎの郷の宣伝動画です。
今週放送分がダイジェストとなっている動画ですが、
野際さんは動画開始後、3秒で1度だけ映ります。

まだストーリーは続いていく”やすらぎの郷”ですが、
先日、橋爪遼容疑者が覚せい剤所持容疑で逮捕され、
今後の対応について議論が行われたばかりの作品です。

しかし、”やすらぎの郷”にとっては一難去ってまた一難状態。
5月下旬、野際さんは体調不良により緊急入院しました。
緊急入院直前まで元気な姿で撮影に挑んでいたそうで、
ドラマ関係者は急転直下の出来事に驚きを隠せなかったそうです。
事務所からはこの入院についての詳細は明かされておらず、
様々な憶測が飛び交っていました。

それでもやすらぎの郷のスタッフは野際さんが現場に戻ってくることを信じて、
いつでも野際さんが現場に戻ってこられるよう、
複数の台本を用意して復活を待ち望んでいたそうです。
キャストの離脱によって台本の書き換えを余儀なくされた局側でしたが、
それでもスタッフたちは野際さんの回復を強く願っていたんですね。
野際さんの人望の厚さと、
女優・野際陽子の仕事への信頼度が伺るエピソードですね。

 

今回の死因についてはまだ公表されていませんが、
亡くなるギリギリまで仕事をしていたことや、
葬儀が執り行われた後に死亡が公表されたことなど、
最後まで”女優・野際陽子”を貫いた最期となりました。

野際さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。。。

スポンサーリンク


It's only fair to share...Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Share on LinkedIn0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*