最強縁結びパワースポット!サンライズ出雲弾丸ツアー 移動篇

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は島根県出雲市にある出雲大社をご紹介します。
そして今回は私が実際にサンライズ出雲で行った0泊2日の弾丸ツアーとともに、
2記事に分けてご紹介したいと思います!
前回は出雲大社の豆知識と出雲大社参拝について書きましたが、
2記事目の今日は出雲大社観光モデルコースと移動手段について
情報をまとめていきますね!

スポンサーリンク


出雲大社 弾丸ツアー 観光モデルコース!サンライズ出雲で目的地へ!

私が実際に行った時の弾丸スケジュールはこんな感じです!
【1日目】
22:24横浜発 寝台特急サンライズ出雲に乗車
 ↓
 ↓
【2日目】
10:04出雲市駅着 定刻より6分遅れての到着
 ↓
10:21電鉄出雲市駅発 一畑電車に乗車
 ↓
10:43出雲大社前駅着
 ↓
出雲大社観光
 ↓
15:05出雲大社前停留所発 一畑空港連絡バスに乗車
 ↓
15:45出雲空港停留所着
 ↓
16:35出雲空港発 JALに搭乗

ざっとコースを書いてみましたが、私の場合出雲大社参拝がメインだったので
観光する時間は少し余るくらい多く取ることが出来ましたが、
意外と苦戦したのが乗り継ぎや、出発時間に合わせて行動するのが大変でした。
やはり、都会みたいに電車・バスの本数が多くないので、
変なプレッシャーみたいなのがあった感じです。

22:24横浜発の寝台特急・サンライズ出雲に乗車して旅は始まりました。
私は電車のシャワーに少し抵抗があったので
金曜日、終業後即帰宅して自宅のお風呂に入ってから出掛けました。
お化粧も落としたかったし・・・
家でお風呂に入ってしまえば荷物もかなり軽くなりますしね!
横浜駅までは電車なので少し余裕を持って22時前には着くようにしました。
そのくらいの時間だと車内で食べる夕飯や朝食、お酒など
まだ横浜駅で調達することが出来ますよ!

いざ乗車すると、あっという間にテンションは最高潮に!
少しばかり寝台車から見える外の景色を楽しんでから寝ました。
寝心地としては、全く寝れないわけではありませんが
旅への高揚感と、電車の揺れ・音もあり、明け方5時ころに目が覚めてしまいました。
ちなみに、私の情報としては・・・
基本的にどこでも寝れるタイプなんですけどね。。。
目安としては、5時頃に大阪を通過するとほぼ定刻通りに出雲市駅に到着できると見込んでいいと思います!
ちなみに、私の友人は悪天候のため、新大阪で運転取りやめになったそうですよ。
そこから新幹線で向かったそうですよ・・・。

10月の出雲大社ハイシーズンの時期にも関わらず、
奇跡的にB寝台シングルのチケットを手に入れられたので、
個室で自分の思うとおりに電車の時間を使うことが出来ました。
自由に使えるラウンジ車両もあるので、そこでゆっくり過ごすのも
素敵な旅の思い出になりますね。

確か、朝方6時になると車掌さんが目覚めのアナウンスを入れてくれて
その後は通過する観光地などの案内をしてくれますよ!
結構それを聞きながら車窓を眺めるのもおもしろかったですよ。

スポンサーリンク


出雲大社観光 大事なのは市内の移動方法!?意外な落とし穴が!

電車で出雲へ行くと出雲市駅に到着してからの移動方法は

1、レンタカーで移動
2、公共交通機関(電車・バス)を使う
3、観光タクシーを予約して使う

だいたいこの3手段になるかと思います。
自動車免許を持っている方は乗り捨て可能なレンタカーを借りてしまった方が
圧倒的に便利で有効的に広範囲の観光が楽しめます!
免許を持っていない方や、フリーで観光したい方、出雲大社の参拝しかしない予定の方は
公共交通機関での移動でも十分に回れますよ!
私は出雲大社の参拝しか予定がなかったため、電車・バスを使って観光しました。

定刻通りでいけば乗り換え時間が20分程度ありますが
サンライズの到着が遅れると
一畑電車で移動するのが難しくなるので
万が一のプランも立てておくと安心ですね!
ちなみに、JRと一畑電車の改札はやや離れてます!

一畑電車での移動はとても風情があり、
女性車掌さんがマイクを持ち歩きながら車窓風景の案内をしてくれるんですよ。
田園風景からひょっこり出てくる出雲ドームは最高でしたよ!

☆出雲大社参拝篇の記事はこちら☆

出雲大社から出雲空港へ向かうバスは
「出雲大社」停留所と「出雲大社前」停留所があります。
私は断然「出雲大社停留所」から乗ることをおすすめします!

理由は
・始発バスなので座れる可能性が高い
・乗車券売り場が分かりやすい
・2つの停留所はそんなに離れてなく、料金も一緒
こんな感じですかね。

出雲大社豆知識 出雲地方には10月の神無月が無い!?

ご存知の方もたくさんいらっしゃるかと思いますが
10月は「神無月(かんなづき)」と言いますよね。
読んで字の如く・・・
「神様が無い(居ない)月」なんです。
しかし、日本で唯一「神有月(かみありつき)」と呼ぶ地域があります。
そこは・・・
出雲大社がある「島根県」
この記事の初めの方に「出雲は10月がハイシーズン」って書きましたが、
「神有月」がめっちゃ関係しているんです!

なぜ神有月なのか・・・
一説によると、日本国内の神様が島根県・出雲大社に集まるとの事。
そのため、島根県以外では「神無月」、島根県では「神有月」だそうですよ!

ちなみに、神様方が島根県入りするのは
出雲大社裏側にある「稲佐の浜」というところです。
大社に参拝に行った際はそちらの浜もぜひチェックしてみてくださいね!

出雲観光情報まとめ

・10月は出雲大社ハイシーズン
・サンライズ出雲で行く際は必ずバックアップの移動手段を!
・広範囲を有効的に観光したい場合は乗り捨て可能なレンタカーがおすすめ
・ゆっくりと出雲大社のみ参拝予定なら公共交通機関での移動でも大丈夫
・出雲大社から出雲空港へバスで行く際は始発停留所がおすすめ

スポンサーリンク


It's only fair to share...Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Share on LinkedIn0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*