斉藤由貴 キス自撮り写真(FLASH)画像あり!自撮り写真で自爆した大人!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先月3日発売の週刊文春によって
明るみになった斉藤由貴さんと
知人男性医師とのダブル不倫。
ようやくそのほとぼりが冷めた頃、
今度はFLASHが2人の自撮りキス写真が
流出と報じました。
一連の不倫騒動と今回の写真流出の記事について
まとめていきます。

スポンサーリンク


斉藤由貴 画像流出で逃げ道なし!教義に逆らうスリリングな不倫!

 
もう「不倫していない」という逃げ道がなくなってしまった
女優の斉藤由貴さん(50歳)。
”ダブル不倫”で世間を世間を賑わせたのはお盆前の8月上旬でした。


[出典;東宝芸能株式会社]

一連のダブル不倫騒動についてまとめていくと、
週刊文春が密着していた約1週間のうちに複数日、
”家族ぐるみで付き合いのある”50代男性医師と密会していたというものでした。

2人が密会する場所は決まって
斉藤さんが個人事務所として借りていた
横浜・元町にある某マンション。
そこに時間差で2人が入っていく姿が週刊文春によって暴かれました。

また、ある日は仕事終わりに近くのシネコンで合流し、
一緒に映画を楽しんだ後、並びにあるお好み焼き屋さんで食事する姿も
スクープされました。

この不倫騒動で特に世間の興味関心を引いたのが
・2人も家庭を持っていながらの”ダブル不倫”
・映画館から出てくる時に撮られた”恋人つなぎ”写真
この2点ではないでしょうか。

[出典;週刊文春 8月10日号]

斉藤さんはこのダブル不倫騒動について
文春の発売日夕方に即日釈明会見をし、
・男性医師とは不倫関係にないこと
・自身の子供と男性医師の子供が同じ学校だったことがきっかけで知り合ったこと
・ダイエットにおいて医学的にサポートをしてもらっていたこと
・美容注射など、女優として公の場で行いたくないという心情心理が働いたこと
などと話していました。

しかし、肝心の”恋人つなぎ”に関しては
斉藤さんの得意な”はぐらかし天然モード”となり、
あまり不倫についての釈明とはなりませんでした。

また、男性医師が個人事務所として借りているマンションに行っていたことについては
”マンションの一室で美容注射等の診療行為を受けていた”と
釈明しました。
こちらについても男性医師が斉藤さんのマンションに訪れる際、
毎回”手ぶら”だったため、何とも歯切れの悪い回答となりました。

 

一連の騒動はあまりスッキリしないまま
騒動そのものが沈静化していた…
そんな幕引きとなりました。

スポンサーリンク


斉藤由貴 画像で見るキス自撮り写真騒動!大人のセルフィーが魅了する!

 
その後、8月7日に発売されたFLASHでも
斉藤さんのダブル不倫についてスクープされ、
交際期間はなんと”7年”に及んでいたことがわかりました。

釈明と言えるほどの釈明もせず、
斉藤さんは雲隠れ旅行に行き、
世間がこの騒動について興味を示さなくなった今日この頃…でしたが、
なんと9月5日発売のFLASHにこの続報ともなる
衝撃的な写真が掲載されました。
掲載されていた写真を全てご紹介します。

 

その衝撃的な写真がこちら。

[出典;FLASH 2017/9.19号]

なんと、いい歳した大人がキス写真を自撮りした写真が流出したのです。
2ページ、3枚に及ぶキス写真。

2枚目に掲載した写真の右下の1枚に至っては
しっかりと”唇と唇が重なり合っている”証拠写真となっています。

[出典;FLASH 2017/9.19号]

魔性の女と言われている斉藤さん。
決して許される写真ではないにも関わらず、
どこか大人の色気を感じてしまうのは…
私だけなのでしょうか。。。

 

この自撮り写真流出を以て、
ダブル不倫否定路線が絶たれたことは間違いありません。

FLASHの取材に対して男性医師は
「弁護士を通してくれ。写真はコラージュである。」
と、意図的に写真に細工を加えられたと主張しました。

一方の斉藤さんは期限までにFLASHの取材に対して回答がなかったものの、
今朝のスポーツ紙には所属事務所の東宝芸能からのFAXでの回答を掲載。

そこには
・本人に確認したが記憶があいまいなため本人のコメントは控える
・主人とは『いかなる状況でも、子供たちのために離婚は避けるべき』という観点も含めて話し合い中
・今後は、私とともに人生を生きて、私を心配してくださる1人1人に目を見て謝り、話をしていく
・斉藤本人の心境として「深く反省し苦しんでおります」
といった内容が書かれていました。

旦那さんとは離婚せず、話し合いを続けていく一方で、
斉藤さん自身は反省しつつも”苦しんでいる。。。
”これって、ちょっと虫が良すぎ!”
って思ってしまうのは
私の心が狭いという事なのでしょうか。。。

恐らくこの状況で”苦しい”って言っていいのは
斉藤さんの旦那さん・お子さんであり、
また、男性医師の奥さん・お子さんなのではないでしょうか?

斉藤さんが自分で”不倫”という危険な道に踏み入れておきながら
なんだか他人事で、どこか悲劇のヒロインの様な感じ。
“オトナ“ならもう少し責任を持って謝罪行脚しなければならないような気がします。

斉藤さんの記憶が曖昧な自撮りキス写真騒動。
今回は釈明会見もなく、うやむやのままの幕引きとなりそうです。

スポンサーリンク



 
 
【関連記事】
斉藤由貴 FLASH砲第二弾はキス写真以上の悲劇!不倫を超えた倫理観!
斉藤由貴 モルモン教はやめて不倫!【週刊文春】信者の夫より開業医!

It's only fair to share...Share on Facebook99Tweet about this on TwitterShare on Google+0Share on LinkedIn0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*