サニブラウン(動画あり)日本人最速の世陸予選!ボルトも一目置いた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本時間の4日に開幕した世界陸上。
2年に1度のこの祭典は
大会初日から大盛り上がりとなりました。
日本勢ではサニブラウン選手が
100mで自己ベストタイとなる10秒05という
好タイムをマーク。
ブレのない走りを動画と共にお届けします。

スポンサーリンク


サニブラウン 動画で見るブレない走り!決勝で夢の9秒台実現!?

 
2年に1度開催される世界陸上。
日本ではTBS系列で放送されています。
そして、世陸と言ったら激アツのサポーター。
そうです、織田裕二。


[出典;世界陸上 公式ホームページ]

すでに激アツなコメントが…。
「最後まで、見届ける」

 

そんな織田裕二さんも大注目なのが…
人類最速のウサイン・ボルト、ラストラン。
通算53回、100m・9秒台を記録した正真正銘の最速男。
陸上をやっていた方もやっていない方も、
ボルトのラストランと聞いたら気になってしまう事でしょう。

 

ボルト選手も走る男子100mは大会初日に予選が行われました。
10秒07と、全体の8番目の記録で危なげなく予選を通過したボルト選手。

日本からはリオ五輪4×100mリレーで銀メダルを獲得したケンブリッジ飛鳥選手、
多田修平選手、サニブラウン・ハキーム選手の3名が出場しました。
結果は3名とも準決勝に進出。
なんと、100mに出場選手全員がそろって準決勝に進出するのは
初めての快挙なんです。
日本の陸上短距離界の選手層の厚さが伺えますね。

そして、特筆すべきはあのボルト選手よりも予選通過タイムが良かった
サニブラウン・アブデル ハキーム選手(18歳)の素晴らしい走りです。


[出典;日本陸上競技連盟公式サイト]

サニブラウン選手はリオ五輪出場が有力視されながらも、
足の故障に見舞われ、五輪には出場することができませんでした。

18歳、高校を卒業後、世界陸上ロンドン大会が終わるまでは
どこにも所属せずフリーで活動をしているサニブラウン選手。
大会終了後にアメリカの大学へ進学することが決まっていますが、
高校卒業後から現在まではなんと、オランダへ武者修行に行っていたのです。

そこで自身の走りに磨きをかけ…
語学勉強も行っていたという、まさに”文武両道”。

武者修行の甲斐あってか、サニブラウン選手の走りは格段と良くなり、
好タイム連発へとつながっているのかもしれません。
もしかしたら、今回の世界陸上の準決勝…
もしくは決勝で夢の9秒台、なんてことも十分にあるかもしれませんね。

スポンサーリンク


サニブラウン 動画で過去の走りと世陸を比較!ぱんぱんになった太ももに注目!

 
短距離スプリンターにとって、とても重要なのが太ももの筋肉。
瞬発力、蹴りだし、全てにおいてこの太ももが大事になってきます。

まずは2つの動画をご覧ください。

上の動画が2015年に行われた陸上世界ユース選手権の時のもの。
下の動画が先日行われた世界陸上2017年大会のもの。

走っている距離が違うのもありますが、
2015年時には脇が開いてしまい、
上体の軸がぶれてしまっています。
これではせっかく力強い腕振りをしていても
この動力が100%、足にまで伝わりません。

一方、先日行われた世界陸上の時には
しっかりと脇が締まっており、
また、状態のブレもなく、動力が
そのまま足に伝わっているように見えませんか?
指導者の方にもよるかと思いますが、
私がかつて短距離を走っていた時は指導者の方から
「走るときは”腕”を使って走る!」
と、何回も言われていました。
それくらい、走るときの腕ふりというのは重要になってきます。

また、武者修行の甲斐あってか、
明らかにサニブラウン選手の太ももがパンパンに太くなっていませんか?
素人目線になってしまいますが、
短距離走には特にこのパンパンになった太ももが必要とされています。

 

着実に日本を代表するスプリンターとして、
実力・結果を残してるサニブラウン選手。
先ほど載せた2015年時の動画は
2003年に出したウサイン・ボルト選手の大会記録を
0秒06、破った時のものなんです。
そんなサニブラウン選手はボルト選手からも一目置かれていることは
言うまでもありませんね。

2年前の走りの時よりも確実に
フォームも良くなり、記録も良くなっているサニブラウン選手。
ボルト選手の大会記録を更新したサニブラウン選手が
帰国後のインタビューで答えていたこと…
「”ハキーム”って携帯で変換すると一発で出てこないから、
一発変換できるようになりたい。」
と、陸上とは全く関係ない、高校生らしい(?)インタビューでした。

”ハキーム”が一発変換できるようになる日も、
日本人初の9秒台が出る日も、
そう遠くないかもしれませんね。

気になる世界陸上 男子100m準決勝は日本時間の明け方3:00頃、
決勝は日本時間の明日の朝5:40頃です。
ボルト選手のラストランと共に、
その走りをしっかりと目に焼き付けたいですね。

スポンサーリンク



 
 
【関連記事】
世界陸上 男子400mリレー結果動画速報!ボルト本当のラストラン!

It's only fair to share...Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Share on LinkedIn0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*