ツケ払いが出来る通販ZOZOがヤバい!阿鼻叫喚する若者急増!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女優の吉岡里帆ちゃんが「好きー!」と叫ぶ
ZOZOTOWNのCMをご覧になったことはありますか?
なんともグッとくるカメラワークとその宣伝内容に
一度見ると釘付けなってしまうCMですが、
今そのZOZOTOWNがちょっと大変な騒ぎになっています。
気になるCM動画とともに、ちょっと大変な騒ぎの内容をまとめてみました。

スポンサーリンク


ツケ払い制のゾゾタウン 便利な通販から一転zozoっとする事態!?

女優の吉岡里帆ちゃんが雨に打たれながら
「好きー!」と叫んでみたり…
「好きなんだもん…」と叫んでみたり…
とってもキュートなCMをご覧になったことはありませんか?

もう一度見たい方、まだ見てない方はこちら!

こちらは洋服の通販サイト”ZOZOTOWN”のCMです。
宣伝内容は、
”好きなお洋服をネットで買って、2か月以内のお支払いでOK”
と言った内容。

ネット通販を利用しない方はあまりイメージが湧かいと思いますが、
通常、ネットでお買い物をするときは

・クレジットカードでその場決済
・銀行、郵便局、コンビニなどで料金を先払い
・商品に同封されているまたは、別に郵送される払込票で支払う

この3パターンが主流です。
(3つ目は定期購入していることが多いです。)
お金がそこそこあって、すぐに手元に商品が欲しい時や、
わざわざ支払いに行くのが面倒な時は
だいたいクレジットカード決済にする方も多いと思います。

ですが、クレジットカード決済だと持っている人しか
この方法で決済が出来ないですよね。。。

18歳未満の方、クレジットカードを持っていない方は
基本的に入金を確認してから商品が発送されるため、
ネットで購入手続してから手元に届くまで時間がかかったり、
今月は手持ちのお金がないけど、売り切れる前に商品が欲しい…
って思ってもガマンを強いられていました。

そこで、ZOZOTOWNは支払い猶予を商品購入から2か月以内でOKな
”ツケ払い”というサービスを開始しました。
それが先ほどの吉岡里帆ちゃんのCMです。

やはりクレジットカードを持っていない若い世代に
このサービスが受け、ツケ払いサービスを利用して洋服を購入する人が増えました。

もちろん2か月以内に支払えば何ら問題のないサービスですが、
巷ではこのサービスを利用して恐ろしい目にあっている人が増えているんです。

スポンサーリンク


ツケ払いって便利ではない?zozoの払い忘れ滞納が身の危険に及ぶ?

このツケ払い、実はちゃんと上限額が設けられています。
請求書発行元のGMOペイメントサービス株式会社での利用金額合計は
54000円
となっています。

この54000円と言う金額が学生を中心に若い人が
サービスを利用しやすいポイントのひとつだと思います。

学生の頃、アルバイトをした事がある人は何となく分かるかもしれませんが、
バイトで賄える金額
なんですよね。

ちなみに、今の最低賃金は宮崎県・沖縄県の714円/時間
これで計算してみると…
54000円÷714円=約76時間
76時間÷4週(1月)=19時間

1週間に19時間シフトに入れば額面で54000円手に入ることになります。
仮に17:00-22:00のシフトだと4回弱という事になりますね。
うん、ちょっと頑張れば稼げますね。

ちなみに首都圏になると最低賃金は上がるので、
もっと少ないシフトで稼げるわけですね。

実際にツケ払いを利用して洋服を購入した方は
”2か月間のツケ払いなら1か月2万円程度貯めれば支払えると思った”
”1円も支払わないで商品が手に貼るのはバーチャルな感覚になる”
というようなお話をしているそうです。

確かに学生でありながら一銭も対価を支払わず商品を手にしたら
何とも言い難い高揚感に包まれてしまうかもしれませんね。
オトナになればクレジットカードの支払い期日を意識してしまいますが…。

ちなみに、保護者の承認は不要なため簡単にサービスを利用できていました。
今は、ちゃんと保護者が承認しているというチェック項目への入力が必須です。

2か月の支払い期日を過ぎると催促のメールが届き、
そのメールも何通目かには
”滞納がこれ以上続くと法的措置も辞さない”
と言ったような内容が送られてくるそうです。

いずれにしても、その場で支払うお金、今後支払うお金
今手元にあるお金、これから入ってくるお金…
徹底した自己管理が一番豊かな生活につながっているんですね。

スポンサーリンク


It's only fair to share...Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Share on LinkedIn0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*