上原多香子 旦那の死因真実は阿部力が重要人!TENNは最期も妻想い!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

元SPEEDのメンバーで、
現在は女優やタレントとして活動している
上原多香子さん。
元旦那のTENNさんは自死しましたが、
死因の真実が明らかになることなく、
今日に至りました。
実はこのTENNさんの死因の真相が
俳優の阿部力さんにあったことが明らかになりました。

スポンサーリンク


上原多香子 旦那の死因は妻にあり!全く可哀そうじゃなかった旦那の突然死!

 
元SPEEDのメンバーで、現在は女優やタレントとして
活動している上原多香子さん(34歳)。

2012年にET-KINGのMC担当・TENNさんと婚約し、
上原さん自身はTENNさんの活動をサポートするため、
仕事をセーブし、TENNさんの活動拠点である
大阪で生活をしていました。

しかし、2014年にTENNさんは上原さんに
「仕事に行ってくる」
と、いつも通り家を出て…
そのまま自宅の駐車場に止めていた車内で
首つり自殺をし、亡くなってしまいます。


[引用;ORICON NEWS]

TENNさんは享年35歳という若さでした。
旦那さんの突然すぎる”死”に、
当時は上原さんには多くの同情の声が集まりました。
2人には子供がおらず、
TENNさんの死後、上原さんは独り身となってしまいました。

突然の旦那さんの訃報に、上原さんは約1年仕事を休業しています。

 

TENNさんが亡くなった当時、明らかな死因は不明としつつも、
4枚の遺書が遺されたいたことまでは既知の報道で明らかになっています。
その4枚のあて先が
家族、妻・上原さん、ファン、メンバー
それぞれに宛てたものでした。

ファン宛の遺言については後にET-KINGの公式サイト内で公表されました。

ファンのみんなへ

みんなのおかげで音楽をやってこれました。ET-KINGの音楽は、

時間をこえて、時代をこえても、ずっと側にある音楽だと思っています。

メンバーのこれからを応援してあげてください。

本当にありがとう。

[引用;ORICON NEWS]

しかし、今回TENNさんの実弟さんとされる人物が
上原さんの不倫によってTENNさんが自死に追い込まれ、
死因の真相についても上原さん宛に遺された遺書に書かれていると
女性週刊誌に話したのです。

スポンサーリンク


上原多香子 旦那の死因真実は絶対に公言出来ない!今明かされる真相に驚愕!

 
TENNさんの実弟・義宏さん(仮名)が女性セブンに
話したとされる内容をまとめると…

・上原さんは俳優の阿部力さんと不倫関係にあった
・TENNさんは自身が不妊であることを悩んでいた
・家族の秘密にしておくつもりだったが、家族だけで抱えきれなくなった

と言った内容でした。

また、TENNさんが遺したとされる遺書の写真もあり、
その写真には几帳面な字体で手紙が書かれていたとの事です。

そして、TENNさんが亡くなってから約3年間
明かされることが無かった”上原さんに宛てた手紙の内容”が明らかとなったのです。
その手紙の内容はまさに目を疑うものでした。

《多香子へ/ありがとう そして さようなら/
子供が出来ない体でごめんね/本当に本当にごめんなさい。/
幸せだった分だけ、未来が怖いから 何も無さそうだから/許してください。/
僕の分まで幸せになってください。/
きっと阿部力となら乗りこえられると思います。/
次は裏切ったらあかんよ。お酒は少しひかえないとあかんよ。/
嘘はついたらあかんよ。/多分、僕の事を恨むでしょう? 
でもいつかは許してくださいね/最後はいろいろと重荷になるけど…ごめんなさい。/
これが、未来を考えた時の僕のベストです。ワガママを許してください。/
いつか忘れる日が来るよ。きっと大丈夫 今から大変だろうけど/
がんばって トントンとお幸せに/車は開けないで 警察を呼んでください。》

[引用;NEWSポストセブン]

目を疑うというのは…
手紙5行目に書かれている
「きっと阿部力となら乗り越えられると思います」
という一文。

”阿部力”と言うのは、言わずもがな有名な俳優の阿部力さん。
NEWSポストセブンでは阿部さんと上原さんの
仲睦まじい様子の写真まで公開していました。


[引用;NEWSポストセブン]

この写真が結婚前のものか、結婚後のものかは定かではありませんが、
共演歴だけ見てみたら上原さんと阿部さんは、
TENNさんが自殺する直前の、2014年7~9月に行われた舞台で共演していました。
この舞台の稽古を経てここまで仲良くなったとすれば…
相当”トントン”拍子で話が進んでいるようにも思います。

ちなみに、TENNさんの手紙の最後に書かれている
”トントンとお幸せに”というのは、
阿部さんが日本に帰化する前の中国名が
”李冬冬(リ・ドンドン)”だったため、
愛称が”トントン”だったという事なんだとか。

 

一連の騒動について上原さんも阿部さんも
現時点では何もコメントを発表していません。

TENNさんのご家族が約3年間、ヒミツ事として
心にしまいこんでいた心労と言うのも第三者には到底計り知れませんが、
正直なところ、”なぜ今このタイミング?”と想ってしまったのも事実です。

義宏さんはこの時期に公表したことについて
「このままずっと話さへんつもりでした。
でも、この夏で兄がこの世を去ってから丸3年。
三回忌を過ぎていろんな弔いの行事が一段落しても、
残された家族の悲しみが癒えることはありませんでした。
母は、夜も眠れず痩せてしまいました。
これ以上、家族だけでは抱えきれないんです。」
と話していたそうです。

TENNさんは最期まで愛する妻を想って選択した未来が
この結末がだったのでしょうか?
”美談”としてとらえるには難しい遺言だな…
と言ったところが正直なところです。

 

かつて歌や踊りで一世を風靡したSPEEDのメンバーも
30歳を超えた今、オトナの色恋沙汰で世間を賑わせていますね。
彼女たちの全盛期を憧れの眼差しで見ていた一人としては
なんだか複雑な心境です。。。

スポンサーリンク


It's only fair to share...Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Share on LinkedIn0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*