和田アキ子 旦那不在中にイカ誤嚥!本当に苦しい私の窒息の体験談!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

19日、タレントの和田アキ子さんが
自宅でイカの刺身を食べていた際に、
誤嚥し、死にかけたという体験談を
自身がパーソナリティーを務めるラジオで
明かしました。
当時、自宅には旦那さんがおらず、
まさに生死を彷徨った体験談。
実際に誤嚥するとどのようになってしまうのでしょうか。

スポンサーリンク


和田アキ子 旦那がいない間に自宅で死にかける!誤嚥の恐ろしさを赤裸々告白!

 
19日、タレントの和田アキ子さんがパーソナリティーを務めるラジオで
生死を彷徨う恐怖体験をしたことを明かしました。

和田さんは今月15日、家で食事中にイカを誤嚥したそうです。
調達してきたイカは運転手の方にお使いを頼んだそうで、
イカの種類は不明だったそうです。

実際に食べてみるととっても硬くて噛みきれない。
飲み込もうとしても飲み込めない。
強烈強靭なイカだったようです。
そんなイカを噛み切ることが出来ず、
長さを保ったまま飲み込もうとしたそうですが、
誤って気管の方に入ってしまい生死を彷徨う食事となってしまいました。

15日には和田さんは自身のインスタに投稿をしていました。

この窒息しかけた食事について、
和田さんは19日のラジオでさらに言及をしました。

「かみきれなくて、飲んでも飲みきれなくて…
本当に息ができなくなって、トイレにいっても出ないんです。
顔も真っ赤っかで、息もできなくて、ウエッてなって。
旦那もいなくて。」

「糸みたいなのが5センチか7センチぐらい。イカなのよ。
本当にダメだと思った。もう怖くて怖くて…」

[引用;Yahoo!ニュース]

当時、自宅には旦那さんが不在だったため、
和田さん一人で食事をされていました。
死に物狂い喉の奥の方に指を突っ込みイカを引っ張り出すことが出来たそうです。

 

実際に、私もイカを喉に詰まらせたことがありますが、
本当に息苦しくて、もうすぐそこまで”死”が迫ってくる…
そんな様に感じました。

私の場合、気管ではなく食道の方にきちんと飲み込んだのですが、
イカの身の部分が食道に入っているのに
身に繋がっている”薄皮”が口の中に残ってしまいパニック状態。

冷静になればすぐに皮をつかんで引っ張りだすことが出来るのですが、
苦しくて苦しくてこの状況をすぐに打破しようとしてしまい、
無理矢理飲み込もうとする喉のチカラと
イカの身ごと引っ張り出そうとするチカラで
”イカの綱引き状態”に陥ってしまいました。

その状況にさらにパニック。
どんどん呼吸も荒くなっていったのを覚えています。

この時は息がどんどんできなくなり、
皮を持っていた手を離したため、
なんとかイカを飲み込むことが出来ました。

 

和田さんの場合、”誤嚥”でしたが、
みなさん”誤嚥=お年寄り”だと思っていませんか?
実はいま、若い人にも誤嚥の可能性が十分に増えていて
とても軽視できない事態となっているんです。

スポンサーリンク


和田アキ子だけじゃない!若年層も危険な誤嚥の実態が恐ろしすぎる!

 
みなさん、誤嚥と聞くとお年寄りのイメージが強いと思います。
確かに、お年寄りは喉の筋肉の衰えに加え、
感覚も鈍くなっていることが多く、
誤嚥した際に誤嚥していることに気が付かず、
反射的に”むせる”ことがなくなると言われています。

こうして誤嚥したものがきっかけで肺の中で炎症が起きると、
”誤嚥性肺炎”という病を発症してしまいます。
皆さんも一度は聞いたことがあるかもしれませんね。

 

お年寄りの方が誤嚥しないように食事に注意するのはもちろんですが、
イマ、若年層に誤嚥のリスクが高まっているのです。
それもかなり深刻な問題なんですよ。

なぜ、健康で誤嚥しなさそうな若年層が誤嚥のリスクに晒されているのか…
それは意外にも”スマホ”の普及が原因なんです。

今やスマホやパソコンでコミュニケーションをとるのは当たり前の時代ですね。
会話と同じくらい…
下手すれば”会話以上のコミュニケーションツール”であると言っても過言ではありません。

そうする圧倒的に”喋る機会・時間”が減ります。
人は喋らなくなると喉の筋肉を使わなくなるため、
喉の筋力が衰えてしまうんです。
これは無意識のうちに日常的に起こっていることなんですね。

 

それに加えて、昔に比べて現代の食事・食べ物は
柔らかいものが多く、またそれを好んで摂取します。
そうすると無理矢理飲み込もうとしなくても
スルッと胃にモノが入っていきます。
これもまた、無意識のうちに喉の筋肉を使わなくなってしまっている要因なんです。

”干し芋”を食べるよりも”プリン”を食べる時の方が
圧倒的に飲み込むときに喉にチカラを加えなくてもいいですよね?
米食からパン食が多くなっているのも原因のひとつと考えられます。

こういった生活習慣が積み重なり、
現代人、特に若年層の誤嚥が危ぶまれているんです。

 

「私に限って誤嚥なんてありえない!」
なんてことはないんです。
本当に本当に苦しくて、パニックになって…。
三途の川がすぐ目の前にくるんです。

日ごろから積極的に会話をすること。
1日1つでもいいから少し歯ごたえのあるものを食べる。
スマホしながら、テレビ見ながらなどの
”ながら食べ”をやめる。

本当に和田さんの体験談は”明日は我が身”となってしまいますよ。

スポンサーリンク


It's only fair to share...Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Share on LinkedIn0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*