八幡神社(山形)をクマが襲う!プーさんのリアルハニーハント!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

山形県にある八幡神社で境内にあった
蜂の巣が何者かに食い荒らされる
近隣住民には恐ろしい事件が起こりました。
その容疑者なんとクマ!
あの有名なファンタジーが
現実のものとなった騒動の概要について
書いていきます。

スポンサーリンク


山形八幡神社で蜂の巣食い荒らされる!容疑者はくまのプー!?

 
山形県尾花沢市にある神社でちょっと恐ろしい事件が起こりました。

事件が発生したのは尾花沢市内にある八幡神社。

発見したのは近くで神社の屋根修理をしてた70歳の男性でした。
男性は27日15時頃、八幡神社の敷地内にある”みこし小屋”の板塀が壊され、
床下にあった蜂の巣が食い荒らされているのを発見しました。
その話を聞いた近隣住民が警察に通報したとの事です。

小屋の軒下辺りに大きさ約60センチ四方のミツバチの巣があり、
その巣が食い荒らされた形となりました。


[出典;Yahoo!ニュース]

現場にはクマのものとみられる爪痕や足跡が残されていました。
クマは巣を食い荒らしたあと、そのまま現場から離れた模様で、
警察は付近のパトロールを強化し、住民へクマの出没に注意を呼びかけています。

 

クマとミツバチと蜂の巣。
あのキャラクターが思い浮かびますね。

くまのプーさん

僕はただの雲~
蜜なんかいらない~
ただお空に浮かんで~
どこ行こうかな~♪

って歌いながら蜂の巣を食い荒らす、くまのプーさん。
今回の事件はそこんな夢物語のように
生易しいものではありませんが、
”リアルプーさんのハニーハント状態”
クマは本当にはちみつを食べるんですね。。。
ただのファンタジーかと思っていました。

スポンサーリンク


八幡神社で起きたクマのハニーハント!ネット上の声は意外とリアリズム!

 
とてもファンタジーの様な今回の事件。
…騒動?
近隣住民の方はクマの恐怖との闘いの日々となることでしょうが、
以外にもネット上の声はかなり現実的な声が多く見受けられました。

このクマは余程腹が減ってたんじゃないの?
蜂の巣の撤去依頼するのもお金がかかるから
経済的にみてコストダウンするはずです。

蜂の巣でか
クマは蜂にさされないんかね
さされても脂肪?とかで大丈夫なんかな

このクマが虫歯にならないことを祈る

コストカットの話からクマの健康についてまで…
様々な意見がありますね。
どの意見も個性的な視点でありながら
思わず「確かに!」と納得してしまうものばかりです。

クマが虫歯になるって聞いたことないけど、
虫歯になるのかな?

 

しかし圧倒的に多かったのは
「リアルプー」
そんな意見です。

ちなみにプーさん、
描かれているのはプーさん5歳、お友達のクリストファー・ロビン6歳のころです。
プーさんは5歳なのに相当オトナっぽい!
一人で鏡越しに背中の解れた糸をちょうちょ結び出来たり…
墨まみれになって鮮やかな黄色い体を隠したり…

個人的には5歳児の敬称を”くん”や”ちゃん”ではなく、
”さん”にしているところがとっても渋い!
って思ってしまいます。

 

話が少し反れてしまいましたが、
近隣住民の方々が襲われる前に
クマが確保されるか…
もう山から下りてこないことを祈るばかりです。。。

スポンサーリンク


It's only fair to share...Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Share on LinkedIn0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*